配当利回りが高い銘柄は大丈夫なの?過去3年配当が維持か・上昇しているか?

配当金・・・配当利回り・・・ピーターリンチの成長株を目指す本サイトでさえも、できればたくさんもらえるに越したことは無い配当金。

巷(ちまた)の銘柄の配当利回りは千差万別ですが、いったい高配当銘柄はどうして高配当銘柄なのでしょうか?そしてその銘柄は大丈夫(潰れたり、配当金が減ったりしないか?)でしょうか?

高配当銘柄チェックリスト

・過去3年以上、配当金が維持・アップしているかどうか?

・不祥事・事故などで今期は業績が悪く、今期が配当金を出すのがやっとの業績or赤字の場合←投資不可

・業種が循環株じゃないこと(過去3年はアベノミクスで景気が底上げされている)

過去3年連続で、配当金の金額が現状維持・アップしているか?

高配当銘柄で一番重要なことは、今後もその高配当は支払われる見込みがあるのかどうかです。基本的に5%を超える、高配当銘柄というのは、少し投資する時に不安な要素が1つ2つはあることがほとんどです。

例えば、今でも高配当銘柄のあおぞら銀行(8304)なんかはどうでしょうか?

あおぞら銀行8304

(上記画像はSBI証券ログイン画像より)

一見指標も平凡なPER・PBRですので、「こんなもんだろう」という感覚を抱かれる方が多いと思います。比較して3大メガバンク(みずほ、三井住友、三菱UFJ)を見てみると、あおぞら銀行より規模も大きいのに、指標面ではPERも7前後、PBRも0.5倍と割安です、配当も4.3%前後あります。

メガバンクでさえ、この指標的な安さ(本当に安いかはわかりませんが、あくまであおぞら銀行との比較ということで)に対し、規模の小さいあおぞら銀行の割高さが目につきます。銀行業も割合業績は水物です。政府の政策次第なところもあり、やや不安定な業種です。

そういった面を考慮しながら、あおぞら銀行に投資するか考えるものなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

0