『ギャンブルと投資とポーカーと成功者達』

「ポーカー=株式投資=経営」が似ているという話。まずはリンク先をご覧ください。

ギャンブルと投資とポーカーと成功者達

https://ameblo.jp/taka88random/entry-11403507332.html

上記に書いてあることを自分の言葉で理解していこうと思う太字はリンク先本文より抜粋しています。

ポーカー(株も)とビジネスは戦略において多くの共通項があると言われています。

その共通項とは、

市場機会を評価する

・着くテーブルを選ぶのは、自分で決められる最も重要なこと

東証1部、東証2部、ジャスダック、マザーズ、他名証、福証などいろいろなテーブルがある。

もちろん東証2部(東証1部の時価総額300億以下も)やジャスダック以下のようなマイナー市場が良いテーブルだ。

同じ勝つなら、プロや外人投資家(投資のプロたち)より、個人投資家(一般的にはレベルが低いと言われている)が多い市場で勝つほうが簡単だ。

東証1部のトヨタなど知ってる企業に投資するというのは典型的なダメなパターン。なぜなら他のプロの投資家はあなたより知りつくしているからだ。(相手より自身がその企業について知っていなければならない。絶対評価より相対評価のイメージ)
・着いたテーブルで勝ち目がないと分かったら、テーブルを変わっても構わない ←これはその通り。
・テーブルに少々不合理なことをしたり、経験不足の人が多すぎると、
  最高のプレーヤーでも非常に勝ちにくい

不合理=マザーズw とにかく成長株が意味わからんレベルの高PERになってしまう(不合理)

論理的に考えれば(割高株なので)空売りをするところだが、好況時にはいつまでも上がっていって空売りが失敗することも多い。
マーケティングとブランディング

・強い手なら弱く見せ、弱い手なら強く見せる。ブラフをするタイミングを判断する

見せ玉で欺いたりですね。後は強引な買い上げ、売り浴びせで無理やりテクニカルなチャートを形成するとかですね。←出来る資金量がある人がうらやましいです。違法ですがw

・自分の「ブランド」が大切 ・自分について人が語るストーリーが作られるようにする。←これは株にはない要素かな。強いて言うなら自分の投資手法を確立・研究していくことが大事。

ファイナンス

・想定できる最悪のシナリオに対して常に準備しておく

最悪のシナリオ=1年で株が-50%になることですね。(要はサブプライムローン~リーマンショックの株価)

投資法によるが、株価が下がれば売る、何もしない、買い増す、業績が下がれば売る、何もしない、買い増す(戻ると期待して)、など想定したほうが良いです。

またそれ以外の要因で売買が制約されないように、生活資金(私は←宮仕えが終わるので)1年分準備)は現金など安全資産で持っていた方が良い。

誰だって、株の調子が良い・悪いのに、生活資金が無くて持ち株を売らざるおえない嫌でしょう。

・勝ってゲーム数の多い人が最終的に1番多く儲けるわけではない
・ゲームで負けない人が最終的に1番多く儲けるわけではない

ゲームで負け(にくい)ない人=インデックス投資かな。

もちろん投資の目的は人それぞれだけど、大儲けしたければインデックスじゃダメ。個別株勝負に限ります(ただし大損の可能性もありますw)

・リスクが最小のものでなく、期待値が大きいものを選ぶ

インデックス<自分がしっかり選んだ成長株

・負けても差し支えない範囲でのみプレイする←生活資金は別に確保して(略

・長い目で見るゲームであることを忘れない。1回ごとに勝ち負けはあっても、重要なのは最終結果である

概念として期待値は大事。極端なことを言うと100万円投資して、1年で競馬・パチンコは80万円、宝くじは50万円、FXは100万円、株は104万円になる。

株は長期(100年ぐらい)平均で見ると年4%ぐらいはプラスになる。

当然±50%/年の成績がありえるし、割安な良い銘柄を選んでも市況が悪くて一緒に暴落するのはよくあることです。

大切なのは、成長株、高配当、優待、低PBR、叩き売られた循環株でもなんでもよいので、割安なものを選んでおけば、いづれ平均値より上のリターンとなって帰ってくるという事を知っておくことだ。

銘柄の幸運・不運ももちろんある。良いと思ってたが、ストーリーが崩れたりして業績悪化したりなどだ。

私の場合は大体5個に1個程度ババを引いてしまう。

しかしながら大切なのは、全体で合わせてプラスになれば良いという事だ。

戦略

・賭け金が高くない段階でゲームを理解すること

私の場合は大学生から株をやって、資金が100万円程度から始めたのが良かったと思う。一番最初に買ったのが、低PER・PBRの中部鋼鈑(5461)で典型的な循環株でした。

こういった典型的な失敗を糧にしながらここまで来ましたが、自分の投資手法に確信が持てるようになるまでは、なかなか掛け金(1銘柄に資金を集中)を上げれませんでした。

今はばんばん大金(数百万~1000万)を数銘柄に賭けていますが、掛け金を増やす決心が出来たのは、自分の投資法に確信が持ててからです。

・いかさまをしない。いかさまをしても結局勝てはしない ・自分のやり方を貫くこと

株で言うとインサイダー、見せ板、売り煽り(掲示板)などですね。違法でダメなのはもちろんですが、世の中には悪い輩も当然います。

自分がインサイダーなどしないことも当然だが、逆にイナゴ投資家のように引っかからないようにもしておきたい。

そういった手口を知っておくことは、(投資での悪い輩から)身を守ることにもつながるのです。

・ゲームの動きは変化するのだから、その夜を通してプレイのスタイルを状況に適応させることが必要。フレキシブルでいること ・辛抱強く、長期的に考えること

いろいろな解釈があるが、業績相場・波乱相場・金融相場などですね。相場によって見る視点が異なってくるので、自分がその相場に乗るのか。あくまで自分のやり方を貫くのか。

それが求められることになる。

・スタミナと集中力が最もあるプレイヤーがたいてい勝つ

そりゃ、そうだ。単純だが心理。株にエネルギーを注ぐ奴がそりゃ株で勝ちやすいわけです。(私は株以外にも人生楽しむように意識して注意している。口座の数字が増える=人生の幸福じゃない。株にのめり込みがちなのでw)

・他人と差別化をすること。テーブルの他のプレイヤーがしていることと反対のことをすること

 【人の行く裏に道あり花の山】という有名な格言がある。これに尽きる。詳しくはリンク先参照。
・希望を抱くのは、よい策とはならない←業績悪化で戻ってくる気配が無い株は損切りするしかない

・自分を「理性を失い、つい悪い手に賭けるような感情的な状態」にしないこと。ひと休みして、散歩をするか、その晩はゲームを辞めておく方がずっとコスト効率がいい

かなり大事。人間なので株以外にも人生で悩んだり閉塞感が有ったり、胃腸炎・インフルエンザなどで体調が悪化しているときもあると思います。

往々にしてそういう時は、感情がぶれるので大切な判断は保留したほうが良いです。実際私も(めったにないですが)深刻な悩み・閉塞感がある時は、散歩して・ジョギングして体を動かし株はしません。

頭でっかちになりがちなので、馬鹿になって体を動かすのがおすすめです。

継続的に学習する

・自ら学ぶこと。本を読み、経験者から学ぶこと

本は最強の費用対策効果。まずは、「ピーターリンチの株で勝つ」「敗者のゲーム」「株式投資の未来」「投資で一番大切な20の教え」等々は鉄板。

他にもいっぱい良きのは有ります。

・実践により学ぶ。理論は魅力的だが、実際の経験に勝るものはない

とりあえず50万もって株(個別銘柄)にぶっこんで見る。金がかかってりゃ本気も出るw

他にも「効率市場仮説」は仮説としては魅力的ですが、実践では劣りますよねw

・才能あるプレイヤーの中に自らを置いて学ぶこと

今はツイッターやブログ、個人投資家の著書などしっかりした情報が出回るようになった。

自分で考え、構築することはもちろん大事だが、すでに実績を上げた方々で自分に合う投資法なら受け入れ参考にするのが良いです。

・ゲームに1回勝ったというのは、自分が上手いということでも、もう勉強しなくて    いいということでもない。ただ単にツイていただけかもしれない
・アドバイスを求めることを怖れないこと 

カルチャー

・ゲームが好きであること。本当に上達するためには、寝ても覚めてもゲームと共にあることが必要

ギャンブル中毒w でもそれだけ情熱をもって投資できること自体が才能の一つだとは思う。

「好きこそ物の上手なれ」というところでしょうか。

・うぬぼれない。見せびらかさない。自分よりも上手い人は常にいる

虚栄心が強い人はダメですね。自分の中に軸がある人が強いです。

・親切に振る舞い、友達を作る。小さなコミュニティなのだから

私はあまり得意ではないが、同じ株を志す同士がいるとよいと思う。

・自分が学んだことを他人とシェアする

情報交換は大事。

・今しているゲームを超えたチャンスを探す。新しい生涯の友達や新しい仕事の接点を含め、これから誰と知り合うかは決して分からないものだ

・楽しむこと。単なる金儲け以上のことをしようとするなら、ゲームは何倍も楽しく   なる

お金を増やすだけなら、別に株じゃなくても良い。普通に働けばよいわけだし。私は物欲・社交欲が少ないので生活費は少ないです。住んでいるところも田舎の町。

貯金で食っていけるし(20年ぐらい)、やっぱり好きだからのめり込むんでしょうね。

人間は面白いもので、合理性を超えたところで活動するものだと思ます。

たぶん、誰も見つけていない株を発掘して、後から良い事が分かって上がっていく過程が楽しいんだと思います。

目利き的な発想が好きなんでしょうね。

~続く~

冬の猫

癒しの猫画像(再掲載)


にほんブログ村








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

0