(中長期・ファンダ派にとっての)歴史・教養の知恵

株式投資のファンダメンタル派・中長期投資の人って、する事自体は多くない。

最悪、四半期決算(3か月に1回)さえ見れば何とかなる。かなり余裕のある仕事なんですね。

もちろん株関連の、決算書、出来る人のブログ巡回をするのは当然なのですが、それぐらいは皆しているだろう。

皆がしている=差をつけられないわけで。。。+時間もあるし

何をしたら(利益につながるか)考える必要がある。みなさんは何をしてますか?


(私の趣味・興味も多分にありますが)歴史の本を読むことだと思う。

【例】

オランダが繁栄→周囲にねたまれて戦争される→繁栄していると兵士のような気概のあるやつが少ないから負ける→没落

基本当時のフランスやイギリスなどは、持たざる者の強さがあるわけですね。

海賊や山賊(英仏)は貧しくて失うものは無い。隣の家は豊でうらやましい。

それじゃあ「お宝(オランダ)を奪えばいいんだ」ってなるよね。

何も持ってない(失い物はない)強さがそこにはある。

失敗したからと言って失うものは少なく、成功すれば見返りは大きい。

そしてだんだん成功者の仲間入りとなる。そして絶頂を過ぎるとまた緩んで他の貧乏な国に富みを強奪される。

これの繰り返し。。。

みなさんは株関連以外で、株式投資にプラスになることってないでしょうか?

【あとがき】前後3時間程度ズレることは多々ありますが。

私は、基本午前中(6時頃起床~12時)に株関連。

午後からはぷらぷら(非株関連、昼寝・ゴロゴロする他)ですね。

もちろん夜もネットサーフィン・漫画など混在しています(そして22時30に寝る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

0