どれくらいの頻度で銘柄を確認するか ~1か月に1回で良い~

みなさんは働かれている方が大多数だと思います。そのなかで、如何に株価を確認するか?

結論から書くと、確認などほとんど必要ないです。1日1回見るのでさえ、時間の無駄だと思います。

まず、絶対見るのが、決算です。年4回決算短信が出てくるのでそれは必ず確認しておきましょう。なのでSBI証券だと、決算前に予告が出るので楽に管理できると思います。

次に見るのは、テレビや新聞を見ていたときなどで、日経平均株価(相場全体)が暴落したときです。

自分の好きな銘柄も一緒に連れ安していたらチャンスです。ただ自分がこれが良いと目をつけていた銘柄ほど下がらなかったりしたり。。。

株価のチェックの頻度は、現実的なのは決算と月1回ぐらいかな

決算は年4回なので3か月に1回、1か月に1回とは、入金投資法の時に自動でチェックできるということです。多分給料は月1回入ってくるはずです。

なかなか始めたころは、自分のっ持ち株が上がったのか下がったのかが気になるところですが、大半の上げ下げに理由はなく、ただ大人の都合で上がったり下がったりしているだけなのです。

前回の7636ハンズマンも1日だけ下げたのは、ただたくさん売りたい人がいたからでしょう。理由はそれだけです。よって、下手に株価を見て右往左往するぐらいなら、鈍感力じゃないですけど、ガン無視(スルー)する方がまだよいのです。

見てもしょうがないが、つい見てしまうのが株価だと思います。ある意味暇なんですね。何もしないという選択肢もあるにもかかわらず、何かしたくなる。人間のサガかもしれません。

そんな時は、散歩に行くなり何か動かないといけない気分になるときもあります。私がサイトを立ち上げているのも同様の理由も少しあります。ずっと株価とにあらめっこしようものなら、気がめいりそうになってしまいます。

そんなことをすると、もちろん感情も揺さぶられるわけで、それは悪影響だということも前回述べました。

成長株、ファンダメンタル投資をするにあたって、実際には月1程度の確認で十分であり、あまり見すぎるというのも過敏になってよくないようです。

実際、「ピーターリンチの株で勝つ」にも、ザラ場を実際に見てみると、目がチカチカするという記述があります。私も実際するんですね。するりするりと動く株価につい飛びついてしまいそうになります。

ザラバは見ない。これは鉄則にしても良いぐらいです。指値にしてパソコン(PC)のまえから離れないと、ついつい引き込まれてしまいます。

結局は月1程度、決算の時で事足りる話だと思うのです。

10/23追記)

株価を毎日確認することのデメリット ~心(メンタル)が乱される弊害~

働かれている方や真面目な人に多いかもしれませんが、確認をするという作業が、株価のチャックでは報われないです。

なぜなら、ほとんどの株価の変動は、何の意味もなく変動しているからなのです。だって(私の投資する銘柄はジャスダック、東証2部などマイナー銘柄が多いので)決算日でもなく、ニュースも無い日が大半です。

その中で、日々なぜ株価が動いているか?というと、ただの需給の関係(「偶然売りたい人が多くて株価が下がった」など)しか存在しないのです。

理由なく株価が動いているものを毎日確認することは、ただの偶然の株価の推移を追いかけているだけであり、投資力、投資家としてのレベルアップの観点からは、意味のない行為だと思うのです。

ましてや、日々の株価の変動で心を乱されたり、一番怖いのは、意味もなく株価が下落しているところで売ってしまうなど業績に関係なく狼狽してしまうことなのです。

そういう点から見ると、日々の株価のチャックなどは、百害あって一利なしなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

0