技術の無さ(運用のへたくそさ)は物量で補えばよい。

 謹賀新年   明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますorz

株の運用の話になると、「よく年率20%儲けた」とか「5%儲けた」「とんとんだった」「-50%だった」などいろいろな話が出てきます。

実際に私も2016年は10%ぐらい儲けました。2016年度も生き残れてよかったです。(←統計を取っていないのですごく適当)では、実際何円儲けたか(絶対額)というと100万円ぐらいだったとします。(本当の財産は黙秘です。←当たり前)

もし、1億円持っている人でしたら、私のような成長株(年率20%を目指しています。)を狙ってハイリスクハイリターンを狙う必要すらないわけで、安全を重視した株の配当金3%で食っていけるわけです。

そう!物量(お金)でごり押しすれば良いのです!←技術もへったくれも無く、本サイト(成長株投資を目指す)の意味なしですね!(涙)

かなり真面目に言っていますし一面の真実をついていると思っています。

昔も今もそうですが、少々の(株の)へたくそさは物量(資金量)で補っている側面も大きいです。

背景としては、私自身がやや非社交的な傾向があり、趣味も釣り、麻雀、町をうろうろ、ネットサーフィン、図書館・本屋などでお金を使う趣味が無い事、独身であることが大きいです。(20代)

(他の人と比較して)余剰資金の株につぎ込む資金を100%・給料からつぎ込む資金を(他人の)2倍にすれば驚くほど早く資金は増える

私は、人生も資産運用も得意なこと・興味のあることしか極めないのでこんなことになっています。(債権・貯金・外債なにそれおいしいの?状態です。←興味なしです(今のところ)

私のつぎ込む資金量(入金投資法w)は、年間180万円ぐらいです。(月10万×12か月、ボーナス30万×2回)

私としては、相当資金投入につぎ込んでいるつもりです。(独身&金を使う趣味が無いのも大きい)これだけで、株の儲けじゃないですけど年間180万円プラスですw

しかも現金ポジションを持たないので100%つぎ込むこともできます。幸い私のような資金量では、資金量が多すぎて投資効率が落ちるといったこともないので物量(資金量)でごり押しできています。

有名な個人投資家には、年率の儲け、絶対額も全く及ばないですが、私なりのペースで、自分の知識・知恵・回り道もしながらの物量(資金量)もフルに使って勝負したいと思います。

人生もそうですが、目的のために努力するではなく、その過程に意義を見出しながら、又楽しみながら新たな知見を得つつ、そして泥くさく何の戦略も無くただ物量(資金量)でも押しながら、2017年の行動にしていきたいと思います


にほんブログ村 2017年度も生き残り(目標)、記事を書き続けていきます。








宗谷岬・初日の出

(上記は宗谷岬の初日の出)もちろんwikipediaからの引用です。私は家に引きこもっていますw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

0