ゼッタイ平均値以上を取れるスクリーニング(マイナー株でもOK)

世の中に絶対という物は無いです。特に投資の世界では、絶対上がる=詐欺と同じです。

超初心者向けの、スクリーニング入門を書きます。(初心者がスクリーニングを知っているのか少し疑問だが)

初心者=大型株(時価総額が高い)が良いと思っていたが、間違いだと感じる今日この頃です。初心者もベテランも小型株~中型株をいじった方が良いと思います。

小さい方が調べたときに分かりやすい、上がった時に大きいからです。

スクリーニング。。。私も投資1年目ではよくお世話になっていました。バリュー投資をしていた関係もあって、機械的に「PER10倍以下、PBR0.8倍以下、配当金3%以上、自己資本比率40%以上」といった条件を付けて検索していました。

私はこだわりが無いので小型株でも全然平気なのですが、(むしろ小さい方が上がった時上昇率が高いから好き)世の中には安全を求めて東証1部などの大きい所が好きな人もいるようです。

機械的にスクリーニングすると、出てくる銘柄は小型株が多いでしょう。何の仕事をしているかも分からない会社ばかりだと思います。

しかし大丈夫です。大企業の株で、何をしているかが分かっていても儲かるわけではないですから。(例:武田薬品工業が医薬品の会社であることは誰でも知っている。)

という事で安心してマイナー銘柄の小型株の世界に来てください。歓迎しますよ。w

PER10倍以下、PBR0.8倍以下、配当金3%以上、自己資本比率40%以上でスクリーニングしてみる

昔(7年前)だったら、機械的に上から順に買っていったのでしょうが、今は違います。(知恵が付いた。)

株式銘柄 スクリーニング結果

(上記はSBI証券ログイン後のスクリーニング、PER10倍以下、PBR0.8倍以下、配当3%以上、自己資本比率40%以上で検索)

藤商事(6257)は、良いとは思うのですが、毎回紹介しているので今回はパスします。

会社四季報4725 1

会社四季報4725 2

総評:CACHD(4725)について

CACHD(4725)はダメです。かこ3年の業績を見ると赤字を出しています。営業利益は黒字なのですが、何か特別な損失があり2015年度は赤字です。わざわざ変な株を掴むこともないと思います。

(少し詳しく)

画像1枚目、昔のある人が「IT・情報業界は虚業だ。」と言って問題になったことがありましたが、弱小個人投資家としては、虚業という認識で警戒したほうが良いと思います。実際に何をやっているのかが分からないです。

分からないと何が困るのかというと、会社の成長度合いが全く分からないという事です。上記の2015年度のように、赤字になるのも全く見抜けないわけだし、店舗業と違って実際に見る指標が無いので、落ち目になった時に見抜けない(売り抜けれない)ことになります。

そもそも成長株投資ではないので問題にはならないが、進んでよくわからないものを持つことは無いと思います。

(総評)アズマハウス(3293)

アズマハウス(3293)もダメです。一言で言うと業種【不動産】がダメです。不動産というと順調な時は成長株と同じぐらいぐんぐん上がるが、不景気に差し掛かると突然死(業績が大幅にダウンする)するのでだめです。今のところ順調だが、進んでばくちを打つ必要は無いかなと思います。(画像無し)

スーパーツール 会社四季報

スーパーツール 会社四季報2

総評:スーパーツール(5990)について

地味な会社ですが、過去の業績も安定(平凡)業種も平凡ながら、突然赤字になる会社じゃないなど、許容範囲のようです。これぐらい地味で無難な方が、日経平均株価にも勝てるでしょう。(労せずして平均以上の効果が期待できる)

(少し詳しく)

IT産業の虚業じゃないですが、少なくとも工具は実業です。ITのどこが悪いのかというと、一般人からは見えないこと(よし悪しが分からない)。突然赤字になる可能性が高い事(一夜にしてシステム上の優劣が付く場合がある)です。

その点実業というか工具ですが、一夜にして逆転することも無いでしょうし、実業なだけ一般人にも分かると思います(ただ分かりやすいかというと分からないと思います。)

そのうえ、凡庸ながらも業績もまずまずいいので、配当金をもらいながら放置できるかなと思います。

2017、1/1時点 スーパーツール(5990)株価427円、日経平均株価19114円


にほんブログ村








(ぼやき)

ぼやく暇がない! やりたいことはたくさんあるが時間が足りない~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

0