庶民には円高が良い。配当生活にも円高が良い。(円安≠株高)

少し前から円安≠株高という記事を書きました。そろそろ当たり前の常識になりつつありますが、円高(円の価値が高まる)が庶民(私)に恩恵を与えることを確認していきます。

1.ガソリン、電気・ガスの料金上昇

ガソリン価格 為替相場 

地方で車が必須の社会だと、円安の悪影響をガソリン価格の上昇という形で受けることがあるでしょう。昔といっても2000年前半の時代はガソリン1Lが105円など120円台など考えられませんでした。

しかしながら、原油価格の上昇&じわじわと実効為替レート上昇(超円安です)により現在は120円台が中心となっています。私たち庶民にとっては円高=ガソリン価格下落が望ましい。

注意! ~ここか下は少しパロディ成分が多めに入っています~

3.食品価格上昇

肉が高い!(独身男性の独り言です。)なんかの肉(多分鳥肉)1パックで250円程度するのですが、肉を食べることで食費を圧迫しています。普通のレトルトカレー1袋90円、電子レンジで温めるご飯100円、インスタント味噌汁20円(12袋198円なので)、飲み物といった食費構成の中で(合計300円程度)、肉を買うという事は2倍(合計550えん)に跳ね上がります。

おかげさまで、飲み会の時には肉・酒を優先的に飲む習慣がついてしまいました(笑)(肉を食べれるときに食べる。ただ酒が飲めるときに飲む!、スーパーの試食はつまようじで2個分を刺して食べる←(小市民ですから)

このように、肉の値上げを中心に個人の食費を圧迫する今日この頃です。

最後にそんな私たちに心強い味方を紹介します。

カレー ハヤシ レトルト

言わずと知れた、レトルトカレー(1袋100円未満のライン)の中でも最高級の味を誇るカレー屋ハヤシ。私が辛い系統に弱い事もあり、(なんか他の辛いレトルトカレーはしびれるような後味の悪さがある)いつもお世話になっています。

1食90円程度で買えるので(福山市のスーパー価格)独身者に心強い味方となってくれるはずです。


にほんブログ村 (独りごと)日々できることをしながら、試行錯誤を続けていきたい。その過程で得るものがあれば良いと思っています。

岩合光昭 津軽 雪の猫

  (上記は癒しのねこです。)







(お礼)

昨日アドセンスをクリックしていただいた方、まことにありがとうございます。これからもコンテンツの制作に力を入れていく所存であります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

0