バリュー株投資(低PER)の有用性と限界(ベターだがベストでは無い)

バリュー株投資は言い過ぎかもしれませんが、誰でも日経平均株価+αを狙える分かりやすい投資法です。昔は私もバリュー株投資一筋でした。(成長株ではよくあるPER10倍以上・PBR1倍以上の銘柄など考えられませんでした。)

そんな私が昔抱えていたバリュー株投資(いろいろ定義があるがここでは低PERに絞る)について書いていきます。

当然バリュー株での初歩的な以下のような失敗は無いものとします。

1.特別利益・特別損益の株(会社の営業とは関係ない1時的な利益、もちろん続かないです)

2. 循環株(鉄鋼、船舶、自動車など)業績のアップダウンが激しすぎて、PERが当てにならない

バリュー投資、低PER投資は儲けは2倍(100%)がやっと(そして次の銘柄を見つけなければならない)

昔(2009年~2011年ぐらい)はひたすら業績が横ばいの(成長も衰退もしない)低PER(例えば5~7倍など)の銘柄に投資していました。あの頃は日経平均株価はざっと1万円でした。そのころ買っていた銘柄が例えばヨシタケ(6488)だったり東部ネットワーク(9036)だったわけです。

今は昔に売ってしまって持ってないのですが、バリュー株の代表としての彼ら(ヨシタケ・東部ネットワーク)はどうなっているでしょうか?

現在ざっと2倍になっています。あれから日経平均株価は90%上昇し(当時10000円→19000円(現在)、銘柄は約2倍(100%上昇している)+配当金で、平均値+α(アルファ)ぐらいの儲けでしょう。

東部ネットワークの株価推移

(上記はSBI証券より、東部ネットワーク(9036)と日経平均株価の比較)

もちろん平均以上儲ける事だけでも、そうそうできるものでもありません。それだけでも上位1割に入るでしょう(8割は負ける世界)



しかし次の問題にぶち当たるのです。

1.どこで利確すればよいのか分からない。(例えばPER7倍の銘柄はどこで利確すればよいのでしょうか?。。。10倍。。。14倍。。。それとも日経平均などの平均値のPER?)

2.利確したとしても、たいてい指数(日経平均株価)も上昇しているわけで、次に乗り換えるバリュー銘柄が少ない。(この利確した資金はどこに向ければ良いのだろうか?)

先に書きますが、明確な答えは無いです。】

1.利確についてはいろいろな考え方があります。配当金の10年分以上値上がり益が出たとき、PERが他のバリュー株のPERよりも1.5倍程度高くなった時、東証などの平均値を超えたとき(バリュー株が平均値のPERを超えることは少ないが。。。)、とにかく30~50%の値上がりを目安に、などいろいろの感覚的な意見が出ると思います。

みなさんはどうされていますか?

2.利確した後の乗り換えについては、なんだかんだでできると思っています。私はバリュー株投資に並行して優待銘柄に走りました。指標はPER10倍、PBR1倍以下まで緩和してクオカード、お米券を狙っていました。

なんだかんだ言っても割安な放置銘柄はありますし(ただ相場が上昇すると割安さは幾分なくなってしまうが)、儲からないことは無いです。(ただ儲け幅は減る)

だから昔は安く仕込める日経平均株価の暴落、ナイアガラ、下落相場が好きでした。(今でも好きです。)

バリュー株投資(低PER,低PBR、高配当)の方々は、この昔に比べて割高な相場に対してどう対応するのでしょうか?

私は(一か八か)成長株に鞍替えしました。他にどのような方法があったのでしょうか?


にほんブログ村 何か糧(かて)になったらクリックお願いします。








(今日のぼやき)

私の猫のストックが枯渇してきている。。。早く補充しなければ!

今度自分で撮りに行ってきます。

世界のネコ歩き ギリシャ

写真:岩合光昭の世界ネコ歩き エーゲ海の島々より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

0