何事も先駆者が評価される

同じことでも2番目以降にすると評価されない。何事も第一人者(最初)になることが肝心なのだ。

行くたびも繰り返されてきた愚行があり、「最初にやった人の真似をすれば楽に儲けられるだろう」というのがある。

イナゴ投資家、バブル経済などは最もたる例だろう。

こと投資においては絶対ダメだ。大型株のようないろいろな人が手を付けたような株(いつも言う手垢にまみれた株w)は2番煎じ以外の何物でもない。

マイナーで出来高が300単位以下のまっさらな株を買えば(流動性を気にするような資金量でもないでしょう?私はもちろん気にしない。。。1億円でもたまったら考えます)成長株の恩恵を受けることができるだろう。

最も自分の目利き+運に恵まれたらの話だが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

0