蔵王産業(9986)という安定株

日本にはピーターリンチの分類における優良株という物が少ないです。日本には循環株(景気に循環するだけの株)と低成長株(衰退株w)で溢れています。体感的にこれらだけで日本株の80%ぐらいを占めています。

よって有りがたい事に、私の日本株の銘柄選びは、最初から8割程度は除外できるのです(笑)

・よって日本株では珍しく安定的に伸びている株を紹介していきます。私は(もっと急成長株が好きなので)持っていません。

蔵王産業(9986)(業種:そうじ道具販売業)株価1517円 PER13.6倍 PBR0.89倍

1株益の推移 78(2012.3)→96(2013.3)→96(2014.3)→98(2015.3)→104(2016.3)→111円(2017.3予想)

売上は微増中(3%程度アップ)だが、2016年は売上ダウン

PERの推移

PER9.7倍(2012.3)→9.4(13.3)→10.7(14.3)→14.7(15.3)→12.6(2016.3) 【現在13.6倍】

当たり前だが利益が安定して伸びていることは投資家にとっても有りがたい事です。

PER10倍以下で買って、PER13倍で売れば30%儲かるというわけだ。安定しているのでその間配当金3.5%をもらい続けても良いし(株の中では)安全です。優良株はPERが低いときに買って高いときに売る。鉄則です。

願わくば、早くPER10倍以下になるとよいのですが(現在13,6倍)

【別の話題】

日本株をいじっている人は痛感していると思うが、日本は循環株(市況株とも言う)であふれています。

不動産・鉄鋼・電機・建設業・化学・輸送用機械・海運は一例であり、上げたらきりがないくらい循環株(赤字と黒字を繰り返し、資本が貯まらない株)ばかりです。

そんな不毛な日本株市場の中で安定した業績を上げている企業(優良株・急成長株)は貴重です。あくまで投資判断がしやすいという投資家の観点の意味においてですが。

PERを基準に投資していて、赤字になる株に対してどれほどPERが役に立つだろうか?(赤字になる株にPERは無意味w)

衰退株もPERが役に立ちません。(ピーターリンチ的には低成長株ですが、日本では低成長どころか1株益が衰退or上げ下げするだけの株が多いので、勝手に衰退株と名付けています。)

よくあるパターンが1株益100円→95円→90円とだんだん悪くなっていく(衰退)株で、株価もPER7倍だと700円(1株益100円×PER7倍)→665円→630円となるかPER7倍(株価700円÷1株益100円)→7.3倍円(株価700円÷1株益95円)→7.7倍と上がっていくわけです。

・・・そんなへっぽこな株は先は見えてますね。しかしながら循環株は胡散臭いからこそ魅かれる。。。そんな私の感覚です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

0