株式投資 ~閑散期なので気になった記事をピックアップ~

まずは株式投資の話から~ 気になった話題をピックアップします。

日経マネー6月号を読んで  (エナフンさんの梨の木4/20の記事より)

【要約】(記事中段の太字より):昔(リーマンショック~アベノミクス前)に比べて10倍株(テンバガー)は狙いにくくなっている。

株価も割安が無くなってきていて、ギリギリ割安(許容範囲)ぐらいの株が3~5年で株価2倍程度になるぐらいが現実的だろう。

【私のぼやき】

私も成長株を探しているのだが、昔のようにPER10倍で成長率20%のようなピーターリンチ指数的が2を超える有望株が出てこない感じです。

今のところ私がつぎ込んでいるのは、ハンズマン(7636)、パラカ(4809)ぐらいで、他につぎ込む先が思い浮かばない感じです。

分かりやすい、小売り、外食などの株はどれもそれなりに評価されていて(つまりお買い得の銘柄が無い!)新規に投資が思い浮かばないです。

そして、ハンズマン、パラカに投資を続けていると、銘柄への依存度が高まるわけで、新規には現金を持って立ち止まっている状態です。

だから株式投資をしているが、新規の売買が無いのです。そして記事更新も少ない。(だれも「今日も持ち株に変化なしです」といったことを記事にはしないでしょう?)

次回は日経マネー6月号のエナフンさんの記事を読んで感じたことを書きたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

0