私の株式投資の勉強 ~徒然なるままに(雑談)~ part2

【持ち株のことをどれだけ知っているか、知る必要があるか】

ざっと私が行った投資法については、低PBR・PER・高配当・財務優良を求めるべりゅー投資(以下「バリュー」投資と略す)、株主優待(以下「優待」と略す)、成長株、の3つがあります。

勉強量、判断という点では、優待が一番簡単です。(それでも勉強しないといけないことに変りはない。)

【優待の特徴】(バリュー、成長株と比較して)

優待は、最低単元(例えば100株)での投資が有利になっています。よって初心者=資金が少ない方(100万円以下)は始めやすい・負けにくい(あくまで他の投資法に比べて)・効果が実感しやすい(優待)となっています。

初心者で資金が多いパターンもあるでしょうが(例えば、仕事の稼ぎ、遺産などでのお金)、まずは100万円以下で運用することをお勧めします。

どれだけ素人でも、PER,PBR,配当金、自己資本比率、の意味が分かり、過去の業績(3年間)を見ないとスタートラインにすら立てないと思います。

他にも投資資金は少ない金額から始めた方が、株で損したときの精神ダメージが小さくて済むand経験値を得て、残りの資金で再び経験を生かす機会が生まれるので良いです。

最初に株式投資の予備知識を持っていても、やはり実践では想定外や自身の勘違いによる損失もあるでしょう。

どちらかというと、初年度は儲ける事よりも、負けないこと・経験を積むことです。(勝たなくても良いので、割安な安全な株に投資する。優待に投資する。PER・PBR共に低くて無難な株にするなど何が安全策を)

負けないように安全な投資を心がけていることで、結果的に経験値が貯まり、次への生かしになるのはよくあることです。

つづく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

0