投資はできる限りのことをして、天命(運)にゆだねる

株式投資といえば儲かるもの・・・。何んとなくそう思いやすい株ですが、そもそもただ売り買いするだけでなぜ儲かる(損する)のでしょうか?

もちろん安く仕入れて、高く売るからです。

例えで、みかんを売買する仕事をしたとしましょう。農家から安いときに1kg1000円で仕入れて、スーパーに1kg1500円で売ったら儲かりますよね。

商人も投資家も根本は一緒です。安く買って高く売る。しかしながら、どうやって安く仕入れて、高く売るのでしょうか?

安く仕入れるコツは簡単です。商人なら、ミカンの大きさ、色、艶(つや)、糖度を基準に「1kg○○円の価値があるな(例えば900円)」と考えるはずです。

そこで農家の方から、「1kg800円で買わんかね?」と言われたら、買うでしょう。

「1kg1000円でどうだい?」と言われたら商人は断るでしょう。

上記の話は、いつも皆さんがスーパーで買い物をするときと全く同じ発想です。

例えば、「このメンチカツ1個100円はお買い得かどうか?」といったように。(大きさ、色つや、ほかの店との値段の兼ね合い、衣が多すぎないか?などを考えながら。)

さて、読者の方々・・・株式投資でも値段以上にお買い得かどうか、考えながら投資していらっしゃいますか?

【先(将来)のことはだれにも分からない】

自分の人生を考えてみてください。相当なギャンブルの連続だと思います。

就職だってそうです。自分が5年先仕事を続けているか、出世するか、首になるか、あるいは会社自体がつぶれるか・・・将来の収入は未知数です。

自分の健康だって、どこまで健康かは分からないです。健康悪化は仕事・生きていくのにダメージになります。

結婚もギャンブルです。本当に嫁さんと長くやっていけるのか?もしくは自分が知らないor許容できない何かが出てくるのではないか?自分自身が愛想を突かされるのではないか?

逆に思ったより良くて、私にはできた嫁さんだったという事も往々にあるでしょう。

・・・人生はギャンブルの連続・・・先(将来)の事が見通せない(分からない)にも関わらず、選択(決定)はしないといけない。

もちろん選択(決定)を覆してもいいでしょう。私(著者)は身軽に生きていきたいです。

だからこそ、就職でも嫁さんでも情報収集、見たり聞いたり読んだり、論理的に考えて見たり、うまくいく可能性が高い(例えば80%ぐらいかな)が安定。低い確率だが当たれば大きい(20%ぐらい)。そもそもどうなるか予想不可能などいろいろな展開を予想しながら、あるいは(わざと)予想せずに生きています。

【株なんて先が分からん代表例、だからこそ売り買いができる】

情報収集。できるだけ、しかたにはかなりせいど

予想(×) 確率

【原文、後日加筆訂正】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

0